2010年6月アーカイブ

潮もイマイチ!
天気は曇りで良し!
ただ、風が心配!と言う所でチビと船越漁港へサビキ釣りに行って来ました。

最初に腹ごしらえでマック、蓄えとしてセブン、エサ買いに釣具屋に寄って到着。
気にしていた風が船越漁港の大きい防波堤側から結構、吹いています。

来てしまった事だし、取り合えずサビキの用意し一応、投げも・・・・・
そしてサビキを投入すればブェ~~っと、黒いような茶色の魚が群がって来た!
しかもアミエビ無し。まだ撒いて無いし・・・・・!

サビキのスキンに惚れたんでしょうか?
鯖の子、アジコと2~3匹くらい引っかかって来ます。
残っても仕方無いのでアミを柄杓で撒きまくり!!!!

だが、アジはメチャクチャ小さい。
最初はイワシか?と思ったらサバだし。

チビは大喜び掛かったら、そのまま海に浸けてるとどんどん釣れる。が、
外れて逃げるのも当然います。

”何で逃げるん!”と私に言われても困りますがな・・・・

何だかんだで風が強くなって来たので野北漁港へ移動開始。

野北漁港到着したが、風向きは変わらなかった。
仕方無くいつもの所で釣り始めるが全く当たり無し。

ここでチビはいつもの様に岩場に行って石投げ大会。
横で私は昼寝。
1時間もすれば変化が有るだろうと思って。

と言う事で釣り再開。
穴釣り~アラカブ小さいが1匹。それからは多分、アジコかサバ子の攻撃で
虫もサシアミも一瞬で無くなってしまう。

それからはベラ、アジコ、サバ子で終わり。
クロの姿も有ったが全く駄目でした。

最後にイカをアジの生き餌でやってた方が3杯立て続けにあげていました
いや~参りました。

私も餌木で頑張ったけれど前半は駄目でした。

久しぶりに牛頸ダムに来てみました。

はるか前に来たときに比べて水が増えていた。
いつもの離れ(自分で付けた呼び名)にテクテク歩いて到着。

釣り人は意外にも多い、ちなみに今は夕方で夕マズメ狙い。
6人くらいいるのでは無いでしょうか?
夕日が正面に見られて大変キレイな光景です。

さて、バスの状態ですが、今のところ当たりは無しで周りの釣り人も当たり無し。
時折、バシャッの音がするがカエルか?
そしてギルやカメの姿も・・・・・
関心のバスは当たり無しで、とうとう日が暮れて納竿。

今度は夜、来てみようかな。

最後と思い本日も博多湾の沖浜に行って来ました。
天気予報は雨が降り出すとの事。
ひどくなったら帰ろうと思い行ったのですが、風が強くうまく仕掛けが馴染めません。

その内小雨が・・・・
気分転換に多々良川に移動するも沖浜以上に激しい風で10分くらいで退散。
仕方なく元の沖浜に来て再度釣りを開始。

すぐに雨が激しくなって車の中で休憩。
これまた、すぐに雨が上がって釣りの再会でやっと1匹のセイゴが釣れました。

この時点で3時間経過してるんですが・・・
前回の釣果は何だったんでしょうか?マグレなんですかね・・・・

最後は来た!と喜んだらアジコでガックリ。
息子も釣りを楽しみに付いて来たものの到着後には爆睡状態。

糸島 深江漁港へ

| トラックバック(0)

ふと地図を見ていたら何気に良さそうな漁港を発見。
それは糸島・深江漁港。

早速、道具を積み込んで出発した。
初めての釣り場なので、明るい内に波止を確認。
イカスミも多数、メバル、アジ子?、木っ端クロ、ゴンズイを確認出来ました。

大体の状態を分かった所で波止周りを探り釣り開始。
メバル、木っ端クロが釣れた。
こんな感じなら子供を連れて来ても遊べると思う。
トイレは無いと思います。私が見た感じでは無い感じなんですけど・・・・
自販機は有る2台、コンビニは深江駅かな?ここまで行けば有ります。

所で日も沈んで私はエギング開始した。
写真の防波堤でやったのですが結果は0匹!
甲イカを釣りあげてた方がいましたね。
私も5時間くらい頑張ったが全く駄目!

それと河口なのでスズキ(セイゴ)40センチサイズくらいがジャンプしていました。
電気の下を小魚を追う姿も確認出来ました。
ルアーでも釣れるのでは無いでしょうか?

最後に一番手前の波止のみ外灯が有り。